Qスイッチルビレーザー

近年、しみや母斑のレーザ治療の主流となっている機種です。ルビーレーザの波長は、メラニン色素に対して吸収が高く、コラーゲン組織やヘモグロビンとの吸収差も大きいため、メラニン性皮膚色素疾患の治療に最適です。MODEL IB101」は、ワンタッチで2種類のパルス幅を自在に選択でき、Qスイッチでは「太田母斑」「異所性蒙古斑」など深在性色素病変の治療、短パルスでは「脂漏性角化症」「老人性色素斑」など表在性色素病変の治療というように疾患に応じて、使い分けが可能です。

トライバンテージ

このレーザーは、1台で3つの異なる波長(1064nm(YAG)、755nm(アレキサンドライト)、532nm(KTP))を発振できる最新のレーザー装置です。これまでのレーザーに比較し、出力の多様性から様々な疾患に応用でき、脂漏性角化症、老人性色素斑などの治療だけでなく、肝班の新しい治療法であるレーザートーニングが可能です。これまで肝斑にレーザー治療を行うことは禁忌とされていましたが、アレックストライバンテージを用いて安全に肝班を改善していくことが可能です。

ロングパルス色素レーザー

Vビームは血管内の赤い色素(酸化ヘモグロビン)だけに反応するレーザーで赤アザ(血管腫)の治療目的に開発されたレーザーです。Vビームは、赤アザ治療だけではなく、赤ら顔・毛細血管拡張症・炎症性ニキビ・ニキビ跡の赤み、瘢痕の赤みの治療など様々な用途があり、国内外でも臨床的に高い評価がなされている装置です。レーザー照射前に冷却ガスを吹き付ける事で、痛みと熱損傷を最小限に抑えます。

CO2フラクショナルレーザー

皮膚にミクロン単位の微小サイズの孔を瞬間的に無数にあけ、この孔が修復する過程で皮膚が収縮しレーザーの熱作用によりコラーゲンの再合成を誘導します。これによって皮膚の再生が促進され新しい皮膚に入れ替わることでニキビ痕、キズあと、毛穴の開きを改善し目立たなくしてゆきます、ニキビ痕、キズあと、毛穴のレーザー治療では現在最も強力な治療法であり通常のフラクショナルレーザーの数倍の効果があるといわれています。

CO2レーザー

CO2レーザーは10600nmの波長を持つレーザー光で、皮膚に照射するとレーザー光の約99%は皮膚組織内の水分に吸収されて熱を発生します。この熱エネルギーにより、まわりの組織を傷つけることなく患部の組織のみを蒸散させます。脂漏性角化症の蒸散、隆起性のホクロの切除に有効です。

フォトRF

フォトRFは、従来の医療機器などとは大きく異なる美肌治療機器です。従来のしみ・そばかすのレーザー治療法などは、痛みがあったり術後にかさぶたなどができるため、多少なりともダウンタイム(日常生活に支障をきたす期間のこと)が必要でした。フォトRFは2つの選択性の異なるパルスライト(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせて照射します。そのため、それぞれのエネルギーの特性である「シミ・くすみ・毛穴の開き」と「そばかす・ニキビ・赤ら顔・たるみ」などをダウンタイムを極力抑えながら、同時に改善することができます。

超音波・イオン導入器

皮膚を守るための抗酸化ビタミン(Bカロテン、ビタミンC、E)とダメージ肌を細胞レベルで補修できるビタミンA、C等を、皮膚の深部に直接補給する特殊なビタミン導入器です。パルス型のイオン導入と、超音波のキャビテーション現象を利用したソノ導入を同時に出力することで、通常の約100倍の分子量のビタミンを皮膚深部に届けることができるようになりました。

ペレヴェ S5

手術や外来処置での組織切開・凝固止血が可能な高周波ラジオ波メスです。高周波ラジオ波メスの世界的シェアを持つエルマン社の上位機種・サージトロンのさらなる進化版がペレヴェS5です。空冷ファン内臓で長時間連続出力が可能なため、外科手術のみならず、RF(高周波ラジオ波)による「痛みのない非侵襲のスキンタイトニング」に用いることが可能です。




▲ホームページへ



PAGE TOP