平成27年度 木沢記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 729 196 248 479 567 737 1472 1947 1650 473
 退院患者数は8,498人、平均年齢は60.8歳です。70代の退院患者さんが最も多22.9%を占めています。ついで80代が19.4%、60代が17.3%と続きます。
 地域医療支援病院である当院は、地域医療の中核病院として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。また、地域がん診療連携拠点病院として悪性腫瘍の治療を積極的に行っていることもあり、60歳以上の患者さん65.2%を占めています。
 一方、周産期・小児医療にも力を入れており、10歳未満の退院患者さんも多くなっています。当院小児科は、新生児と専門的小児疾患の入院ができ、多くの小児疾患の救急車を受け入れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 106 16.46 15.35 1.83 64.89
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 59 14.71 14.34 1.58 69.47
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 26.03 21.69 5.63 85.56
 退院患者数は676人です。2型糖尿病の血糖コントロール目的で入院していた患者さんが最も多く、全診療科の中で3番目に多くなっています。ついで15歳以上の肺炎、誤嚥性肺炎です。
 当院の内科では糖尿病センターにおいて専門的な糖尿病の治療を、腎センターにおいて専門的な腎臓病の治療を行っています。積極的な腎生検の施行、ホルモン検査、各種負荷試験、さらには画像検査等を駆使することで、早期診断、早期加療ができるよう心がけています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 62 13.08 14.34 1.05 75.76
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 22.52 21.69 6.88 88.14
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 12.19 10.93 0.00% 74.31 42 12.19 10.93 0.00 74.31
 退院患者数は1,003人で、全診療科中3番目に多くなっています。肺炎の治療で入院していた15歳以上の患者さんが最も多く、ついで誤嚥性肺炎、胆管結石・胆管炎の手術となります。
 当院の消化器内科では消化管出血、胆道感染症等の緊急を要する救急疾患には救急体制を整えており、時間外であっても対応可能です。また、食道癌、膵癌にはIMRTによる放射線治療を、B型・C型ウイルス性肝炎は肝臓専門医による専門的な治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 218 3.29 4.87 0.00 71.77
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 81 23.52 21.69 1.88 85.79
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 77 20.51 18.30 1.19 83.05
 退院患者数は1,178人で、全診療科中最も多くなっています。狭心症、慢性虚血性心疾患の手術目的で入院していた患者さんが最も多く、全診療科の中で最も多くなっています。ついで誤嚥性肺炎、心不全です。
 当院の循環器内科では急性心筋梗塞、狭心症といった虚血性心疾患をはじめ、心不全、不整脈治療等のあらゆる急性、慢性の循環器疾患に24時間対応できる体制で診療に取り組んでいます。また、循環器病センターにおいて心臓血管外科と共に全人的な循環器診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 62 5.26 6.72 1.54 38.27
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 47 5.74 6.96 0.00 60.26
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病 なし 42 5.07 5.56 0.00 32.83
 退院患者数は1,037人で、全診療科中2番目に多くなっています。虫垂炎の治療目的で入院していた患者さんが上位を占めており、ついで胆嚢疾患の腹腔鏡下胆嚢摘出術となります。
 当院の外科では様々な臓器の疾患の治療や内視鏡下手術支援ロボット ダ・ヴィンチによる治療を行っています。当院は地域がん診療連携拠点病院として悪性腫瘍の治療を積極的に行っているが、上位3症例に悪性腫瘍がないのは悪性腫瘍の治療法・合併症等は様々で、DPCコードが多岐にわたって存在することが要因と考えられます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 101 30.70 28.70 9.80 83.54
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 46 3.59 5.70 0.00 56.98
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 44 23.57 21.52 4.44 81.75
 退院患者数は692人です。大腿骨骨折の手術目的で入院していた患者さんが最も多く、ついで前腕の骨折の手術、胸・腰椎の骨折となります。
 当院の整形外科では関節・脊椎疾患については、関節再建・脊椎センターにおいて専門医がより高度な治療を行う体制を整え、病状に応じて保存的治療や手術的治療を行っています。また、外傷については、地域の救急病院の役割として、高齢者の骨粗鬆症性骨折、交通事故による高エネルギー外傷等ほぼ全ての症例を受け入れ治療しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 91 18.78 18.08 2.11 71.16
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 14.08 10.02 2.33 76.18
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 11.14 7.52 2.27 58.33
 退院患者数は640人となります。脳梗塞のエダラボンによる薬物治療目的で入院していた患者さんが最も多く、ついで頭蓋・頭蓋内損傷となります。
 当院の脳神経外科では脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷等の一般脳外科診療を中心に、地域の中核病院として24時間、脳神経外科疾患全てに対応できるよう診療を行っています。脳血管障害では、急性期血栓溶解療法に力を入れており、発症4時間30分以内に当院を受診された患者さんに対して、適応症例であれば全例治療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 21 2.00 3.46 0.00 68.00
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 25.69 - -
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 23.57 - -
 退院患者数は49人となります。静脈・リンパ管疾患の下肢静脈瘤血管内焼灼術目的で入院していた患者さんが最も多く、ついで弁膜症の手術、狭心症・慢性虚血性心疾患の手術となります。
 当院の心臓血管外科では循環器疾患のうち手術治療が必要な患者さんを対象に診療を行っています。また、循環器病センターにおいて循環器内科と共に全人的な循環器診療を行っています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 32 6.78 6.79 0.00 61.72
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 28 8.29 10.37 0.00 58.04
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 18 9.00 11.63 0.00 55.89
 退院患者 数は116人となります。乳癌の切除術目的で入院していた患者さんが最も多くなっています。
 当院の乳腺外科では乳癌をはじめとする乳腺疾患全般を治療しています。また、乳腺専門医と形成専門医が揃っており、乳房再建手術を積極的に行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 54 9.20 9.60 0.00 55.85
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 43 4.77 5.31 0.00 63.30
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 38 5.87 8.20 0.00 17.92
 退院患者数は274人となります。突発性難聴の治療で入院していた患者さんが最も多く、ついでめまい、扁桃・アデノイドの慢性疾患となります。
 当院の耳鼻咽喉科では鼻副鼻腔手術を専門としています。アレルギー性鼻炎に対し後鼻神経切断術や下鼻甲介粘膜レーザー焼灼術を行っています。また、突発性難聴に対し高気圧酸素療法が可能です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 81 2.00 4.38 0.00 48.83
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 19 2.32 14.02 0.00 77.84
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 2.07 12.32 0.00 76.29
 退院患者数は247人となります。皮膚の良性新生物の摘出術目的で入院していた患者さんが最も多く、ついで頭頸部癌の手術となります。
 当院の皮膚科では皮膚疾患全般に関して手術・入院治療に対応しています。特に皮膚がんセンターにおいて、皮膚がんの臨床および病理組織診断からその治療まで最新の医療を提供しています。また、ダーモスコピーを用いて病変を観察し、悪性所見があれば積極的に皮膚生検を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 81 13.77 30.83 1.23 70.75
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 58 2.09 2.89 0.00 60.33
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 42 9.71 12.60 1.83 72.79
 退院患者数は690人となります。前立腺癌の放射線療法目的で入院していた患者さんが最も多く、ついで腎・尿管結石の体外衝撃波腎・尿管結石破砕術、腎臓・尿路の感染症となります。
 当院の泌尿器科では尿路・性器における広く一般的疾患を中心に診療を行っています。特に前立腺癌の治療に力を入れており、患部のみ的確に放射線照射できるIMRTによる放射線治療では多くの患者を受け入れ、リスクの少ない医療を提供しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 19 2.00 3.54 0.00 68.00
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 14 7.50 6.60 0.00 50.50
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり 10 5.60 6.62 0.00 22.20
 退院患者数は84人となります。眼瞼下垂の手術目的で入院していた患者さんが最も多く、ついで乳房の悪性腫瘍の手術、腋臭症の手術となります。
 当院の形成外科では外傷による顔・体表の傷、顔面骨骨折、体表面の先天奇形、皮膚良性腫瘍、乳癌切除後の再建、瘢痕・ケロイド、美容等の診療を行っています。特に乳房再建については乳腺外科と協力し、力を入れています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 53 4.66 5.17 0.00 58.17
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 51 18.16 20.87 0.00 29.49
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 41 9.68 9.94 0.00 32.76
 退院患者数は743人となります。卵巣癌の化学療法目的で入院していた患者さんが最も多く、ついで切迫早産、胎児の異常による入院となります。
 当院の産婦人科では地域がん診療連携拠点病院として悪性腫瘍の治療を積極的に行っており、手術不能例に対しては放射線療法、化学療法による集学的治療を行っています。なお、通常の分娩はDPC対象外のためこの集計には含まれていません。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 164 5.07 5.72 0.61 2.14
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 86 5.76 6.17 1.16 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 4.72 6.31 0.00 3.65
 退院患者数は711人です。肺炎の治療で入院していた15歳未満の患者さんが最も多く、全診療科の中で2番目に多くなっています。ついで低出産体重に関連する障害、喘息となります。
 当院の小児科では新生児と専門的小児疾患の入院ができ、可児・美濃加茂地域の小児科疾患の救急車を多く受け入れています。入院患者さんについては小児科医全員で診療に関わるチーム主治医制で診療し、見落としのない診療を心がけています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 42 16 16 50 - 32 1 7
大腸癌 12 36 55 87 - 47 2 7
乳癌 40 30 11 - - 45 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - 10 - - - 41 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 初発の患者数は大腸癌が最も多く、ついで胃癌、乳癌、肝癌、肺癌となります。再発の患者数は大腸癌が最も多く、ついで乳癌、肝癌、胃癌、肺癌です。初発と再発を合わせた患者さんの数では、大腸癌が最も多く、ついで胃癌、乳癌、肝癌、肺癌となります。
 当院では、地域がん診療連携拠点病院として、胃癌では検査により早期のうちに診断・治療を開始し、進行例には切除術を、大腸癌では切除術および化学療法を、肝癌ではラジオ波焼灼療法を、肺癌では化学療法および放射線療法を、乳癌では切除術を積極的に行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 35 9.77 51.80
重症度 1 68 16.15 76.74
重症度 2 48 19.04 79.77
重症度 3 29 18.62 83.97
重症度 4 12 30.08 83.67
重症度 5 - - -
不明 19 47.11 81.47
 重症度1の患者数が最も多く、ついで重症度2、重症度0、重症度3、重症度4、重症度5となります。重症になるほど平均在院日数が長く、平均年齢も高い傾向にあります。
 地域医療支援病院である当院は、地域医療の中核病院として肺炎の患者さんにも多く医療を提供しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 268 52.84 75.24 6.27
その他 19 47.89 70.42 0.70
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 10 18.90 72.50 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 脳梗塞で発症から3日以内に入院した患者数が最も多く、ついで脳梗塞のその他、脳実質外動脈閉塞となります。当院では、急性期医療だけでなく、回復期リハビリテーション病棟を有しており、在宅復帰を目指し、リハビリテーションを行うことができます。そのため、平均在院日数が長くなっていると考えられます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 38 5.11 13.00 0.00 68.63
K6146 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 12 48.33 43.17 18.75 75.83
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
 透析を行うために必要な内シャント設置術が最も多く、ついで血管移植・バイパス移植術、シャント拡張・血栓除去術となります。
 当院の内科では、腎センターにおいて継続的に透析治療を受けることができます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 59 2.12 5.63 0.00 74.31
K654 内視鏡的消化管止血術 51 1.00 13.08 5.00 69.98
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 36 0.47 10.50 0.00 69.50
 胸水・腹水濾過濃縮再静注法が最も多く、ついで胃や十二指腸からの出血に対する内視鏡的消化管止血術、終末回腸部や結腸からの出血に対する小腸結腸内視鏡的止血術となります。
 当院の消化器内科では食道・胃の粘膜内癌に対しては、大きくても一括切除ができ、詳細な病理学的診断もできる早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術を行っています。また膵石・胆石には体外衝撃波結石破砕装置による破砕術を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 221 2.63 4.90 0.44 72.60
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 74 1.28 6.32 1.28 75.38
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 43 0.14 18.47 2.27 71.58
 狭心症、慢性虚血性心疾患に対して行う経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く、全診療科中2番目に多くなっています。ついで下肢閉塞性動脈硬化症に対して行う四肢の血管拡張・血栓除去術となります。
 当院の循環器内科では下肢閉塞性動脈硬化症の治療、ペースメーカー移植術、経皮的カテーテル心筋焼灼術等の不整脈治療、難治性高血圧治療に力を入れています。また、循環器病センターにおいて心臓血管外科と協力し、大動脈弁狭窄症、僧帽弁逆流症等の弁疾患、成人の先天的心疾患に対する治療、心臓バイパス手術、大血管手術等の循環器疾患治療に対応できます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 93 0.75 2.37 0.00 60.53
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 82 2.57 4.24 0.00 62.26
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 30 0.70 3.53 0.00 33.90
 鼠径ヘルニア手術が最も多く、ついで胆嚢結石症や胆嚢ポリープに対して行う腹腔鏡下胆嚢摘出術、虫垂炎に対して行う腹腔鏡下虫垂切除術となります。
 当院の外科では患者さんの要望が多い内視鏡による手術をできる限り施行していますが、進行肝・胆・膵癌に対する高難易度手術も行っています。また傷が小さくて少ない単孔式腹腔鏡手術、内視鏡下手術支援ロボット ダ・ヴィンチによる手術も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 97 3.58 30.77 8.82 78.88
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 95 4.20 31.27 2.11 71.21
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 48 5.02 38.19 10.20 83.06
 大腿骨骨折に対して行う骨折観血的手術が最も多く、全診療科中3番目に多くなっています。ついで股・膝関節の疾患に対して行う人工関節置換術、股関節の疾患に対して行う人工骨頭挿入術となります。
 当院の整形外科では股関節疾患に対して人工関節置換術、骨切り術を行っており、人工関節置換術ではコンピューターシュミレーションにより正確な手術が可能です。膝関節疾患に対してはナビゲーション技術による正確な骨切りならびに適切な靭帯バランスを目指した人工関節置換術を行っています。肩関節疾患に対しては関節鏡視下手術、人工関節置換術を行っています。脊椎疾患では椎弓形成術、前方・後方固定術、椎間板摘出術等を顕微鏡を使用し、安全に細心の注意を払って手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 43 0.79 27.60 4.55 79.65
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 19 93.53 40.16 17.50 78.68
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 17 9.00 63.53 17.65 62.41
 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が最も多く、ついで経管栄養法のために行う胃瘻造設術、頭蓋内腫瘍摘出術となります。
 当院の脳神経外科では高度先進医療機器を使用し、脳腫瘍の診断から手術療法、放射線療法、化学療法と連続した治療が可能であり、さらに回復期リハビリテーション病棟にて、在宅復帰を目指してリハビリテーションを行うことができるため術後日数が長くなっていると考えられます。また、神経内科と協力し、副作用により薬物療法が困難となったパーキンソン病の患者さんに対して脳深部刺激療法を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 22 0.00 1.00 0.00 67.55
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
 下肢静脈瘤血管内焼灼術が最も多く、ついで動脈硬化性病変の強い狭窄・閉塞に対して行う冠動脈・大動脈バイパス移植術、心臓弁の著しい荒廃に対して行う弁置換術となります。
 当院の心臓血管外科ではレーザー機器を導入し、下肢静脈瘤に対する治療を積極的に行っています。また、冠動脈バイパス移植術や弁置換術、大動脈瘤切除術等の心臓大血管手術、閉塞性動脈硬化症に対するバイパス移植術等の末梢血管手術を施行しています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 32 1.28 4.50 0.00 61.72
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 27 1.04 6.26 0.00 56.89
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 15 1.00 7.13 0.00 56.93
 乳腺悪性腫瘍手術が最も多くなっています。
 当院の乳腺外科では、整容性も重視した乳房温存手術や乳癌治療・乳房再建センターにおいて、形成外科と協力し、乳房再建術に力を入れています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 286 0.01 1.43 0.00 75.31
K225-2 結膜腫瘍摘出術 - - - - -
K214 霰粒腫摘出術 - - - - -
 白内障に対して行う水晶体再建術が最も多く、全診療科中最も多くなっています。ついで、結膜腫瘍摘出術、霰粒腫摘出術となります。
 当院の眼科では網膜・硝子体疾患に力を入れており、硝子体手術による治療を行っています。また、網膜剥離等の緊急性のある疾患についても早期に対応できます。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 48 0.98 4.79 0.00 20.73
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 1.00 4.72 0.00 46.61
K347 鼻中隔矯正術 11 1.00 3.27 0.00 27.09
 扁桃炎や扁桃肥大に対して行う口蓋扁桃摘出手術が最も多く、ついで副鼻腔炎に対して行う内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型、鼻中隔弯曲症に対して行う鼻中隔矯正術となります。
 当院の耳鼻咽喉科では薬物療法や下甲介粘膜レーザー焼灼術でも改善しない高度なアレルギー性鼻炎患者に対し、全身麻酔下に粘膜下下鼻甲介骨切除術を行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 50 0.16 1.70 0.00 73.14
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 34 0.03 1.00 0.00 44.29
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 33 0.00 0.97 0.00 48.73
 皮膚悪性腫瘍切除術が最も多く、ついで皮膚、皮下腫瘍摘出術となります。
 当院の皮膚科では皮膚悪性腫瘍切除術を行った患者さんの経過観察のために画像検査を行って、ごく小さい転移巣を検出しています。また、皮膚、皮下腫瘍に対する手術は入院当日に手術を受け、翌日には退院できる体制が整っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 65 0.78 0.95 0.00 61.74
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 41 1.37 4.54 2.44 72.17
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 39 0.44 7.15 4.17 71.82
 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が最も多く、ついで膀胱悪性腫瘍手術、尿の通り道を確保するために行う経尿道的尿管ステント留置術となります。
 当院の泌尿器科では内視鏡下手術支援ロボット ダ・ヴィンチによる前立腺癌の手術を行っており、患者さんの体への負担が軽く、早期の社会復帰が可能です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 23 0.30 4.74 0.00 54.17
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 17 0.00 1.00 0.00 68.88
K0081 腋臭症手術(皮弁法) 10 0.00 4.60 0.00 22.20
 乳房切除後に行う乳房再建術が最も多く、ついで眼瞼下垂症手術、腋臭症手術となります。
 当院の形成外科では傷跡に対する治療として手術療法の他に、傷跡を改善する特殊なレーザーも活用しています。また、乳癌治療・乳房再建センターにおいて、乳腺外科と協力し、乳房再建に力を入れています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 47 1.00 4.79 0.00 49.26
K861 子宮内膜掻爬術 46 0.02 0.98 0.00 45.04
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 40 6.93 6.98 0.00 33.25
 良性子宮疾患に対して行う腹腔鏡下腟式子宮全摘術が最も多く、ついで婦人科疾患の診断や治療に対して行う子宮内膜掻爬術、帝王切開術となります。
 当院の産婦人科では内視鏡下手術に力を入れており、その他には腟式手術、悪性腫瘍手術を行っています。分娩、手術目的の入院のどちらも多くの患者さんを受け入れています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 10 0.12
異なる 18 0.21
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 43 0.51
異なる - -
 医療資源を最も投入した傷病名別では、手術・処置等の合併症が最も多く、ついで敗血症となります。入院契機別では、手術・処置等の合併症の入院契機と同一が最も多く、ついで敗血症の入院契機と異なる、敗血症の入院契機と同一となります。
 播種性血管内凝固症候群や敗血症は、高額な包括点数が設定されているため、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な入院医療費請求)を疑われかねない傷病名とされています。播種性血管内凝固症候群については、10症例未満でした。敗血症については、入院の契機となった傷病名が医療資源を最も投入した傷病名と異なる場合の最も多い入院の契機となった傷病名は腎・尿路疾患で、入院時に併発もしくは入院後に全身状態が悪化して発症し、医療資源を最も投入した傷病名と判断されました。
 その他の真菌感染症については、10症例未満でした。
 手術・処置等の合併症は、ほとんどが入院の契機となった傷病名と医療資源を最も投入した傷病名が同一となっています。主に透析シャント閉塞、人工股関節脱臼等の治療目的で入院していた患者さんが多くなっています。
更新履歴
2016/9/28
病院指標の公表